バッテリーの豆知識

電圧と電流と容量の関係(考え方)

それぞれを水に置き換えて考えると、電圧は水圧、電流は水流、容量が水量になります。
例えば水車を回す場合、水圧が高いほうが水車は良く回り、同じ水圧なら水流を多くした方が水車は良く回ります。
しかし、水流が多いほど早く水が無くなります。

  • 電動リール用バッテリーの電圧は、鉛バッテリーが定格12V、リチウムバッテリーが定格14.8V です。
    (実際の電圧は定格より少し高くなり、それぞれ13V、16V 程度あります)
  • リチウムバッテリーは、鉛バッテリーより電圧が高いので、その分大きな仕事が出来ます。
このページの先頭へ

電流

  • 電動リールに流れる電流の大きさは、負荷(錘、釣果、仕掛け等)によって大きく変わります。
    又、モーターの種類(通常品、マグマックス)や大きさ、効率等によっても変わります。
    (シーボーグ系電動リールの、80号ビシの空巻きHiで、およそ5A前後の電流が流れます。)
  • バッテリーの側も取り出せる電流の大きさに制限があります。

I 鉛バッテリーの場合

  • 短い時間であれば100~300Aと大きい電流が流せます。

II リチウムバッテリーの場合

  • 10~30A程度となり、負荷が大きいと不足することがあります。

(BM2000 の場合、500 サイズ電動リールで稀に止まることがあります。)
(大きな電動リールを使用する場合は、容量も多く必要ですが、より大きな仕事をするため大電流が必要になり、リチウムバッテリーでは間に合わなくなることがあります。)

このページの先頭へ

容量

  • 単位は 「AH(アンペアエイチ)」(通称:アンペア)
    「A = 電流の単位」、「H = 時間」で、「A × H」の掛け算。
  • 20AH の表示が有る場合、10A(アンペア)の電流なら2H(時間)流せます。
    電流が半分の5Aなら、時間は倍の4H(時間)、1Aの電流なら20時間流せます。(使用できます)
    (実際に巻上げている時間が電流の流れる時間ですので、手返し回数や水深により必要な容量は変わります。)
このページの先頭へ

保管

  • バッテリーは生物(なまもの)です。置いておくだけでも内部の劣化が進みます。
    内部の劣化が極力進まないように保管してください。
  • 保管場所は冷暗所が最適です。内部の化学反応が抑えられます。
  • 過放電、過充電は避けてください。内部劣化が進行し、性能(容量)が著しく低下します。
  • 電動リールに接続したままの保管は避けてください。
    0.1~0.2A程度の電流が常時流れるため、長時間放置すると過放電状態になります。

I 鉛バッテリーの場合

  • 満充電にした後で保管してください。
    又、少なくとも半年毎に補充電(満充電)が必要です。

II リチウムバッテリーの場合

  • リチウムバッテリーの場合、満充電状態でも僅かに劣化が進みますが、逆に過放電状態では著しく劣化が進みます。
    つまり、半分程度の充電量がリチウムバッテリーにとっては最も劣化の進みにくい状態です。
  • 満充電状態での劣化は、満充電状態を継続させなければ大きな問題はありません。
    満充電状態の継続とは、常時充電器につなぎ続けるようなことで、1年に数回満充電にしておいて置く程度は問題ありません。
  • 又、空(カラ)(過放電)の状態では最も劣化が進行するため、万が一のことを考え長期保管(半年以上)の場合は、満充電にした後に保管するようにお願いいたします。
  • BMシリーズは出荷状態で30 %ほど充電されており、更にスリープ(冬眠)状態になっているため、20℃以下の環境ではおよそ36ヶ月間はそのまま補充電無しで保管できます。封印シールが破損していなければ、出荷状態と判断できます。
  • 通常保管時の充電量は、30~50%をおすすめします。
    長期保管時は半年毎に満充電してください。
このページの先頭へ

充電器

  • 充電器を使用する際は、必ず指定された取扱方法をお守りください。
  • 充電器は、鉛バッテリー用、ニッケル水素バッテリー用、リチウムバッテリー用に分かれており、共用出来ません。
    又、同じ種類のバッテリー用の充電器でも、専用端子や安全回路の有無等があるため、そのバッテリーに適合する充電器を用意する必要があります。
  • エナジーチャージャーの接続端子は、エナジーパック専用の逆接防止クリップ形状になっています。
    これはタフバッテリーには取り付きません。
  • エナジーチャージャー3000Sはタイマー付です。
    9割程度の充電電圧を確認するとタイマースタート、およそ5時間経過でランプが緑になります。
    (途中で接続を外すと再スタートになり、更に5時間程度かかります)
  • ダイワのリチウムバッテリー用充電器は全て共通に使用可能です。
    (8000WP-Lは充電器機能をバッテリー本体に内蔵しており、付属品はACアダプターですので互換性は有りません)
このページの先頭へ

寿命

普通に充電しても、使用時間が著しく短くなった場合は寿命です。

I 鉛バッテリーの場合

  • 普通に使用していても時間とともに少しずつ電極が傷んできます。
    その寿命は自動車用バッテリーと同様、通常2~3年といわれています。
    しかし、充電しないで過放電させたり、適合しない充電器を使用した場合等は更に短くなります。

II リチウムバッテリーの場合

  • 繰り返しの充放電で少しずつ性能が低下します。(容量が少なくなります)
    300回の使用で半分程度まで徐々に劣化します。(実釣レベルでは更に少なくなります。)
    しかし、充電しないで過放電させたり、満充電状態を継続した場合、又、高温環境に長く置いて使用時間の短くなった物は寿命です。
  • リチウムイオンバッテリーは、内部に複数本の蓄電池を持っており、年数の経過や繰り返しの使用により、蓄電池間での劣化進行度合いに差(バラツキ)が生じてきます。
    このバラツキが徐々に大きくなり、許容範囲を超えたものは、正常な充電ができないため、充電器は「充電異常表示」になります。
    この場合も寿命です。
このページの先頭へ

メモリー効果

  • メモリ効果とは、容量が残っているバッテリーを使い切ることなく充電する、いわゆる継ぎ足し充電を繰り返すことで、充電池内部の化学物質が不活性化してしまい、使用途中で電圧の低下が起きる現象です。
  • メモリ効果は、リチウムバッテリーや鉛バッテリーにはほとんど無いと言えます。ニッカドバッテリーには顕著に表れます。
このページの先頭へ

PSE(電気用品安全法)準拠

※従来の規制対象はコンセントにつないで使用する充電器やACアダプターのみだったが、2008年にリチウムイオンバッテリーも対象になりました。PSE マークのないものは販売できません。

※ただし、 2008 年 11 月 20 日以降生産のリチウムイオン蓄電池が対象。
(それ以前に製造・輸入された物は販売可能。)
このページの先頭へ

ダイワのバッテリー (2009.1月現在)

※上記印部はご使用の目安です。(使用環境により変わります)
鉛バッテリー リチウムバッテリー
(09 カタログ記載)
リチウムバッテリー
(08 カタログ以前)


タフバッテリー
26000
エナジーパック
20000C
タフバッテリー
12000(3)
スーパーリチウム
8800WP-L
スーパーリチウム
6600WP-L
スーパーリチウム
BM2000 II
スーパーリチウム
BM1600
スーパーリチウム
BM2000
スーパーリチウム
8000WP-L




04403341 04403351 04403342 C:04403472
N:04403473
C:04403470
N:04403471
C:04403490
N:04403491
C:04403480
N:04403481
04403457 他 04403456



26Ah 20Ah 12Ah 8.8Ah 6.6Ah 2Ah 1.6Ah 2Ah 8Ah



12V 12V 12V 14.8V 14.8V 14.8V 14.8V 14.8V 14.8V


約 9.8kg 約 6.8kg 約 4.6kg 約 990g 約 800g 約 260g 約 200g 約 250g 約 980g


タフバッテリー
26000
エナジーパック
20000C
タフバッテリー
12000(3)
スーパーリチウム
8800WP-L
スーパーリチウム
6600WP-L
スーパーリチウム
BM2000 II
スーパーリチウム
BM1600
スーパーリチウム
BM2000
スーパーリチウム
8000WP-L




釣りに合わせる。大きなリール(力の強いリール)は大電流と大容量が必要。
鉛バッテリーは
大電流が取り出せます。
リチウムバッテリーは取り出せる最大電流に制約があります。
制約無し、容量が適合すれば
使用できます。
BULL1000
以下
BULL1000
以下
500サイズ以下
推奨SB250FB
500サイズ以下
推奨SB250FB
500サイズ以下
推奨SB250FB
BULL1000
以下




2kg 錘
1000m
4 回
80号 錘
100m
約 375 回
- 80号
シャベルビシ
100m
約 190 回
80号
シャベルビシ
100m
約 120 回
80号
シャベルビシ
100m
約 40 回
80号
シャベルビシ
100m
約 25 回
80号
シャベルビシ
100m
約 40 回
80号
シャベルビシ
100m
約 185 回
500号 錘
1000m
10 回
- - - - - - - 400号 錘
800m
6 ~ 7 回


使
そのまま使用可能(充電済)
(出荷時の充電量はおよそ100%)
充電必要
(出荷時の充電量はおよそ30 ~ 50%)
使




満充電にして保管 LED 2個点灯程度まで
充電(又は1~3個)
使い切ったら1時間充電
残っていればそのまま保管
LED 2個点灯
(又は1~3個)


タフバッテリー
26000
エナジーパック
20000C
タフバッテリー
12000(3)
スーパーリチウム
8800WP-L
スーパーリチウム
6600WP-L
スーパーリチウム
BM2000 II
スーパーリチウム
BM1600
スーパーリチウム
BM2000
スーパーリチウム
8000WP-L





3



高温での保存避ける。
(内部で劣化が進行)
6ヶ月毎に満充電 LED 2個点灯程度まで
充電(又は1~3個)
6ヶ月毎に満充電 6ヶ月毎に
満充電
LED 2個点灯
(又は1~3個)
- - 未使用品の保管は
3年まで
未使用品の
保管は3年まで
-







無し(不要) 過充電保護、過電流保護、過放電保護、短絡保護、異常発熱保護
- スリープ機能 -


タフバッテリー
26000
エナジーパック
20000C
タフバッテリー
12000(3)
スーパーリチウム
8800WP-L
スーパーリチウム
6600WP-L
スーパーリチウム
BM2000 II
スーパーリチウム
BM1600
スーパーリチウム
BM2000
スーパーリチウム
8000WP-L



有り
(6ヶ月で約3割放電)
有り
(6ヶ月で約1 ~ 2Ah放電)
スリープ中は殆ど無し
使い切り後スリープ状態で、
2~3ヶ月程度で過放電
有り
(6ヶ月で約1~ 2Ah放電)
寿

使わなくても内部の電極が経年劣化
自動車用と同じで通常2~3年
300 回充放電で半分程度に容量低下
使用状態、保管状況、等でバラつき出る。(過放電、高温保管等はNG)


充電器付
2A
充電器付
3A
充電器付
0.5A
●ダイワリチウムバッテリー専用充電器が全て共通して使用可能です。

5400C / 8000C 付属の0.9A タイプ充電器、及び
BM2000C / BM1600C / 6600WP-L-C / 8800WP-L-C 付属品の
1.5A タイプ(MODEL:RB-CC4001、RB-CC4002)は全て互換性があります。
(充電器内蔵)
AC アダプター付
・ダイワ鉛バッテリー用専用充電器を使用してください。

・自動車用の急速充電器等を使用した場合、バッテリーの破損・破裂等の恐れがあります。
8000WP-Lは、充電器ではなくACアダプターなので他のリチウムバッテリーの充電器とは互換性は有りません。


タフバッテリー
26000
エナジーパック
20000C
タフバッテリー
12000(3)
スーパーリチウム
8800WP-L
スーパーリチウム
6600WP-L
スーパーリチウム
BM2000 II
スーパーリチウム
BM1600
スーパーリチウム
BM2000
スーパーリチウム
8000WP-L
鉛バッテリー リチウムバッテリー
(09 カタログ記載)
リチウムバッテリー
(08 カタログ以前)