DAIWA電動リール定期点検のおすすめ
reel_04areel_04b

リールをより良い状態に保つ為には、普段ご自身で行っていただく洗浄、注油等のメンテナンスに加え、専門家による「定期的な点検およびリールに合わせた全体的な注油作業」を併せて行っていただく事が効果的です。

リールを末永く快適にご使用いただく為にも、シーズンオフ等のご使用されない時期などにしっかりとメンテナンスをしておく事が大切です。ご使用頻度や、リールの状態などによって異なりますが、1年に1~2回の定期点検およびオーバーホールをおすすめ致しております。

また、電動によるメタルジグ等を使った釣り(ジギング)やイカ電動釣法などのように、比較的負荷が大きく、使用時間に対して電動での巻上げ距離が長い等の状況でご使用される場合、リール自体が熱を持った状態になりパーツの摩耗がより早くなる傾向にあります。

また、ご使用の間隔が長く空いた場合には、リール内部に残った海水中の塩分が固まるなどして、思わぬ不具合が発生しているケースがあります。

ご使用前に、是非「定期点検」もしくは、「オーバーホール」をご依頼されますようおすすめ致します。

【 定期点検・オーバーホール推奨例 】

reel_04c

※1間隔は1ヶ月を表します。
※定期点検とオーバーホールを交互におこなっていただく事を推奨致します。

DAIWA電動リール定期点検の作業内容および料金案内、お申し込み方法

こんな症状の場合は、定期点検をおすすめします。

  • ドラグの滑りが悪く、気になる
  • カウンター表示とマーカーが大きくズレてしまう
  • 糸の出が悪い
  • バックラッシュしやすい
  • 負荷がかかるとクラッチが重くなる
  • 全体的に動作がスムーズでない
作業内容 料金 (税別)
  • ハンドルの巻上げおよび回転の動作確認および調整
  • ストッパーの動作確認および調整
  • クラッチの動作確認および調整
  • カウンターの精度確認
  • レベルワインダー部のグリスアップ
  • ドラグ部のグリスアップ

3,000円

※点検により、パーツ交換が必要と判断された場合には、パーツ代を別途いただくことになります。
その際には、ご案内をさせていただきます。

【 お申し込み方法 】
・DAIWA製品お取扱いの販売店にてお申し込みください。
・お申し込みの際には、「定期点検希望」とお伝えください。
不具合発生前のメンテナンスによる有効性

> 快適な状態でご使用いただく為に効果的である。

> リール内部の状態を良好に保つ事によりトラブルを回避する。

  • 油分劣化に伴う部品の磨耗や固着によるリスクの低減。
  • 塩ガミや塩分固着等によるパーツ不具合の抑制。
  • 実釣時のトラブル発生リスクの低減。
DAIWA電動リールにおける定期点検作業とオーバーホール作業の違い
定期点検 オーバーホール
点検、調整による状態の維持・回復 目 的 消耗パーツの交換・グリスアップ・調整による機能回復
  • 機能点検
  • 調整
  • グリスアップ(主要個所
主な作業
  • 機能点検
  • 調整
  • グリスアップ
  • 全般的なパーツ洗浄
  • 消耗パーツ交換
  • 車に例えると、「定期点検」
  • オーバーホールよりも安価。
  • 特に目立った不具合が無い場合におすすめ。
特 徴
  • 車に例えると、「車検」
  • パーツ交換を伴う為、点検作業よりも高価。
  • 全体的なパーツ洗浄が含まれる為、作業工賃はお得な設定。
  • ある程度ご使用されている場合におすすめ。

オーバーホールの詳細はこちら >>

reel_04d

「定期点検」と「オーバーホール」の組み合わせによって、
メンテナンス効果がUP!!