SLPのオイルチェック

オイルチェックとは、リールの診断と簡易注油を行うメンテナンスサービスです。オーバーホールとは違う、手軽なメンテナンス系サービスとしてご利用いただけます。
分解前のリールの状態確認と部品点検、古いグリスの拭き取りと簡易的なグリスアップに加え、リールの状態をメンテナンスレポートでご報告。

  • 1.点検
  • 2.グリスアップ
  • 3.レポート

オイルチェックはどんな人に向いている?

オーバーホールのようにすべて分解し部品単位で洗浄、パーツ交換までしっかり行う総合点検ではないので「オーバーホールにはまだ早い気がする」「ひとまずリールを見てほしい」とお考えの方にぴったりのサービスです。もちろん、修理やオーバーホールが必要な状態と判断された場合は、お見積もりでご案内。通常の修理、もしくはオーバーホール作業に切り替えますので、ご安心ください。

本来ならば、年に一度はオーバーホールを行うことが理想的です。
しかし近年のダイワリールは性能が向上し、購入後1年、オーバーホール後1年目はまだ問題ないのでは? と感じることがしばしば。
そんなときは、機能点検とあわせてオイル・グリスの補充ができて、オーバーホールよりも手軽な「オイルチェック」がおすすめです!


オーバーホールとオイルチェックの違い

オイルチェック料金一覧